東日本大震災について

東日本大震災で被災された被保険者の方へ

一部負担金等の減免の対象となる方と免除期間について

東京電力福島第一原子力発電所事故で被災された方で、以下の①または②に住所を有していた被保険者の方(東日本大震災発生後に他市町村へ転出した被保険者を含む)
①帰還困難区域等(※1)
旧避難指示区域等(※2) ただし、上位所得層(※3)を除く
旧居住制限区域等(※4) ただし、上位所得層(※3)を除く
  • ⇒ 「平成30年2月28日」まで一部負担金等の免除を受けることができます。
②旧居住制限区域等 ただし、上位所得層(※3)に限る
  • ⇒ 「平成29年9月30日」まで一部負担金等の免除を受けることができます。

  • ※1 帰還困難区域、居住制限区域、避難指示解除準備区域の3つの区域をいう。
  • ※2 平成25年度以前に指定が解除された旧緊急時避難準備区域等(特定避難勧奨地点を含む)、平成26年度に指定が解除された旧避難指示解除準備区域等(田村市の一部、川内村の一部および南相馬市の特定避難勧奨地点)、平成27年度に指定が解除された旧避難指示解除準備区域(楢葉町の一部)の3つの区域等をいう。
  • ※3 世帯に属する後期高齢者医療の被保険者について、平成28年(平成29年7月までの場合にあっては、平成27年)の高齢者の医療の確保に関する法律施行令第18条第1項第2号に規定する基礎控除後の総所得金額等を合算した額が、600万円を超える世帯をいう。
  • ※4 平成28年度に指定が解除された葛尾村の一部、川内村の一部、南相馬市の一部、飯舘村の一部、川俣町の一部、浪江町の一部および平成29年4月1日に指定が解除された富岡町の一部をいう。
このページのトップへ